パソコンなしで、お気に入りのCDをかんたんにiPhoneへ。世界初!ケーブル接続のCDレコーダー「CDレコ(CDRI-L24I)」新登場

iPhoneとケーブル接続のCDレコーダー「CDレコ(CDRI-L24I)」

(写真)お気に入りのCDをiPhoneへ付属のケーブルを接続し、かんたんに取り込む

2017年1月に行われたプレス向け新商品発表会でも、一番人気だったケーブル接続iPhone用CDレコ(CDRI-L24I)。満を持して発売されました。使い方はとてもかんたんで、iPhoneとCDレコを付属のケーブルでつなぐだけで、CDの音楽をiPhoneに取り込むことができます。パソコン無しで扱え、難しい設定もないので、機械が苦手な方でも安心して使えます。

パッケージ

(写真)パッケージ

「CDレコ」の同梱物

(写真)「CDレコ」の同梱物(本体、専用接続ケーブル、ご利用ガイド、電源アダプター)

「CDレコ」を使ってCDの音楽をiPhoneへ取り込んでみました

iPhoneに直接つなげることができるケーブル(Lightning)接続なので、あれこれと設定する必要がありません。CDの音楽をiPhoneに取り込むには、CDレコアプリをインストールし、iPhoneとCDレコを接続、CDをセットし、取り込み開始をするだけです。

「CDレコ」アプリをインストール

(写真)「CDレコ」アプリをインストール

電源アダプターを差し込む

(写真)電源アダプターを差し込む

添付の接続ケーブルをCDレコへ接続

(写真)添付の接続ケーブルをCDレコへ接続

LightningケーブルをiPhoneに接続

(写真)LightningケーブルをiPhoneに接続

「CDレコ」アプリが自動に起動

(写真)「CDレコ」アプリが自動に起動

通信を許可、「CDを取り込む」を選択

(写真左)通信を許可 →(写真右)「メニューボタン」を押し、「CDを取り込む」を選択

音楽CDをセット

(写真)音楽CDをセット

アルバム情報を自動取得 音楽CDの取り込み

(写真)スマホの画面遷移。アルバム情報を自動取得し「取り込み開始」→取り込み完了

今回のCDは15曲で約70分のアルバムですが、5分程度(標準128kbps)で取り込みが終わりました。その間、音楽だけでなく、CDタイトルやアーティスト名・曲名・ジャケットなどもインターネットから、自動で取得してくれるので「取り込み開始」以降、操作がいらずシームレスな感覚です。

CDタイトルやアーティスト名・曲名・ジャケットが自動取得される

(写真)CDタイトルやアーティスト名・曲名・ジャケットが自動取得される

保存音質は好みに応じて、ロスレス圧縮から長時間(96kbps)まで、5段階から選択することができます。

5段階の保存音質

(写真)5段階の保存音質

「歌詞機能」で詞を見ながら音を楽しむ

取り込んだ音楽をCDレコアプリで再生すると歌詞がでてきます。歌詞は楽曲に合わせて色が変わります。例えば「近々Liveを観に行くので、歌詞を覚えておきたい」「英語の楽曲で、歌詞を知りたい」「歌の練習をしておきたい」など、この歌詞を見ながら楽しむことができます。CDに付随していた歌詞カードのスマホ版といえる機能ですね。

曲に合わせて歌詞が出てくる。

(写真)曲に合わせて歌詞が出てくる。

アーティスト情報やニュース、ディスコグラフィー表示する
「CD ブックレット機能」

CDレコアプリは歌詞だけではなく、CDジャーナル誌(音楽出版社)のデータベースからアーティスト情報やニュース、これまでリリースされたディスコグラフィーが表示されます。データベースが更新されることでCDレコアプリにも反映されるので、常に新しい情報に触れることができます。

また、取り込んだ音楽にもとづいて、好きなアーティストの様々な情報が一つに集まることで、その情報を見ながら、音楽を聴くというスマホでの新たなリスニングスタイルを楽しむことができます。

アーティスト情報やディスコグラフィー、最新のニュースを閲覧

(写真)CDレコアプリは、取り込んだアーティスト情報やディスコグラフィー、最新のニュースが閲覧できる

この機能を使うには、誕生年や性別、住居地など個人を特定しない、かんたんなユーザー情報登録が必要ですが、このユーザー情報登録情報でオリジナルランキングの情報も充実させていきます。これはCDレコオリジナルの再生ランキングですが、例えば同世代の人がどんな音楽を聴いているのかなどがわかります。

ユーザー情報登録画面

(写真)ユーザー情報登録画面

CDレコオリジナル再生ランキング

(写真)CDレコオリジナル再生ランキング

ランキングから、知らないアーティストに興味を持ち、今までとは違う音楽を聴くきっかけとなることもあります。思わぬアーティストとの偶然の出会いが音楽生活を充実させてくれることでしょう。

CDレコの円と音符をイメージした図柄を組み合わせたアイコンには、「CDにこだわり、つながっていく「楽しさ」を表現、「音が生まれ、包まれる空間(円盤)」がイメージされています。CDレコがそのアイコンの意味の通り、みなさんの音楽ライフの充実に貢献できるよう、今後も進化させていきたいと考えています。

CDレコのアイコン

(写真)CDレコのアイコン

今回、詳しくご紹介できませんでしたが、CDレコアプリでは、iTunesから取り入れた音楽も再生できます。つまり、取り込んだ曲も持っている曲も隔たりなく、CDレコアプリで全部聴くことができます。もちろん、iTunesで取り込んでいる曲も「歌詞機能」や「CDブックレット機能」も使えます。また、好きな曲を、好きな順番で自由に再生できる「プレイリスト機能」や、CDレコを使ってオリジナルCDも作成できるので、次の機会にご紹介したいです。

最後にCDレコWi-Fiも新たに刷新されました。Androidユーザーのみなさん、そしてiPhoneでもケーブル接続の必要がないWi-Fiタイプが良いという方にはこちらをオススメいたします。

スマートフォンCDレコーダー「CDレコ(CDRI-W24AIW)のパッケージ

(写真)スマートフォンCDレコーダー「CDレコ(CDRI-W24AIW)のパッケージ

◎関連リンク
iPhone用CDレコーダー「CDレコ(CDRI-L24I)」(商品ページ)
iPhone用CDレコーダー「CDレコ(CDRI-L24I)」(購入ページ)
スマートフォン用CDレコーダー「CDレコWi-Fi モデル(CDRI-W24AIW)」(商品ページ)
スマートフォン用CDレコーダー「CDレコWi-Fi モデル(CDRI-W24AIW)」(購入ページ)

このページのトップへ
PC版を表示