【アイ・オーが国内サポート】WD(ウエスタンデジタル)の外付けハードディスク「My Passport」新モデル誕生!

My Passport、My Passport for Mac、My Book

(写真)左から順に、My Passport、My Passport for Mac、My Book

アイ・オー・データは、WD社の外付けハードディスクを、みなさまに安心して、ご購入・ご利用していただけるよう、お問い合わせ、アフターサービスなど、国内サポートを充実させています。

サポート告知ページとWD社製商品ページ

(写真)左:サポート告知ページ 右:WD社製商品ページ

家電量販店での商品ブース

(写真)家電量販店での商品ブース

今までも、当社はWDのHDDを10年以上に渡ってHDDやNASなどストレージ製品に採用してきました。その信頼関係もあって、2015年にWD社と業務提携。本格的な協業が始まり、WDブランドの外付けHDDの取り扱いも始め、今日に至っています。

そのWD社製のハードディスクに2016年新モデルが登場しました。新商品のラインアップは3シリーズ。スタイリッシュなデザインのポータブルハードディスク「My Passport」、Mac対応ポータブルハードディスクの「My Passport for Mac」、デスクトップハードディスク「My Book」です。

2016年発売モデル My Passport(ホワイト・ブラック)、My Passport for Mac、My Book

(写真)2016年発売モデル 左:My Passport(ホワイト・ブラック) 中:My Passport for Mac  右:My Book

デスクトップPC(Windows)とMy Book

(写真)デスクトップPC(Windows)とMy Book

MacBookとMy Passport for Mac

(写真)MacBookとMy Passport for Mac

ノートPC(Windows)とMy Passport

(写真)ノートPC(Windows)とMy Passport

これらの新商品は、データ保護に必要なソフトウェアがすべて搭載されています。スケジュールに合わせて自動的にバックアップできる機能や、パスワードロックとハードウェア暗号化などのセキュリティ機能も充実しています。

今回は、この新商品の中から、おしゃれな波形デザインでスタイリッシュな手のひらサイズのポータブルHDD「My Passport(2016年発売モデル)」をご紹介します。

スタイリッシュな波形デザイン

(写真)スタイリッシュな波形デザイン

手のひらサイズのMy Passport(2016年発売モデル)

(写真)手のひらサイズのMy Passport(2016年発売モデル)

商品パッケージ

(写真)商品パッケージ

同梱物 My Passport本体、本体と同色のUSB 3.0ケーブル、クイックインストールガイド

(写真)同梱物 My Passport本体、本体と同色のUSB 3.0ケーブル、クイックインストールガイド

Androidスマホ(HTC 10 5.2インチディスプレイ)とサイズ比較

(写真)Androidスマホ(HTC 10 5.2インチディスプレイ)とサイズ比較

My Passportのディスク容量は1TB/2TB/3TB/4TBで、Windows 10/Windows 8.1/Windows 8/Windows 7に対応しています。Macの方には、Mac用ポータブルストレージMy Passport for Macがあります。

My Passport My Passport for Mac
対応OS Windows 10/Windows 8.1
Windows 8/Windows 7
Mac OS Sierra、Mac OS X El Capitan、Yosemite、Maverics、Mountain Lion(Mac OS X 10.8~10.12)
容量 1TB/2TB/3TB/4TB
外形寸法 110(W)×81.5(D)×21.5(H)mm
※1TBモデルは、110(W)×81.5(D)×16.3(H)mm
本体質量 0.25kg ※1TBモデルは、0.17kg

(表)主な仕様

My Passportは、購入してすぐに利用できます。本商品に添付されているUSB 3.0ケーブルとつなぐだけ。PCに文書ファイルや写真、動画などの転送、保存がすぐに行えます。

My PassportとPCを接続

(写真)My PassportとPCを接続

早速、PCにMy Passportをつないでデータを転送してみました。USB 3.0接続なので、転送速度も速く、ストレスなく書き込みができました。※パソコン本体も対応している必要があります。

標準添付されているUSB 3.0ケーブル

(写真)標準添付されているUSB 3.0ケーブル

バックアップが簡単!WD Backup™ソフトウェアが標準搭載

My Passportには、WD Backup™ソフトウェアが標準搭載されています。WD Backup™ソフトウェアを使えば、設定後、データを自動バックアップすることができます。

バックアップというと難しいイメージがあるかもしれませんが、WD Backup™ソフトウェアは、数回クリックするだけで毎時/毎日/毎月など、希望のスケジュールを設定でき、特定のフォルダを自動的にバックアップできる優れものです。

標準搭載されたWD Backup™ソフトウェアを使ってMy Passportにバックアップ

(写真)標準搭載されたWD Backup™ソフトウェアを使ってMy Passportにバックアップ

・WD Backup™ソフトウェアの設定方法

バックアッププランの作成、ストレージの選択 スケジュールとファイルの選択 設定完了、バックアップ開始

①最初にバックアッププランを作成します。

②デバイスは「My Passport」を選択します。

③スケジュールを設定します。毎時/毎日/毎月など、希望のスケジュールを設定できます。

④バックアップするファイルを選択します。バックアップしたい対象のフォルダを選択できます。

⑤設定が完了しました。「バックアップ開始」をクリックしてバックアップが直ちに実行されます。初回のバックアップが完了すると、バックアップは指定したスケジュールに従って自動的に実行されます。

不正なアクセスからコンテンツを保護!WD Security™ソフトウェアが標準搭載

私は外出が多いので、My Passportを持ち歩いているのですが、その際に注意しないといけないのは、HDD置き忘れなどにより生じる不正なアクセスです。もちろん今まで置き忘れたことはないのですが、万が一に対しての対策は必要です。

外出時にPCとMy Passportを持ち歩く

(写真)外出時にPCとMy Passportを持ち歩く

My PassportにはWD Security™ソフトウェアが標準搭載されています。My Passportドライブに搭載された256ビットAESハードウェア暗号化とWD Security™ソフトウェアを使えば、不正なアクセスからコンテンツを保護できます。使い方は、パスワードを有効化して、自分専用のパスワードを設定するだけです。これで安心して持ち運ぶことができますね。

※256ビットAESハードウェア暗号化を有効にする為には、WD Security™からパスワードを設定する事で「ON」になります。逆にパスワード設定をしていない時は暗号化は「OFF」になっている状態です。

WD Security™ソフトウェアを使ってMy Passportをパスワードロック

(写真)標準搭載されたWD Security™ソフトウェアを使ってMy Passportをパスワードロック

パスワードロックされたHDDドライブ。正しいパスワードを入力しないとアクセスできない

(写真)左:パスワードロックされたHDDドライブ 右:正しいパスワードを入力しないとアクセスできない

・WD Security™ソフトウェアの設定方法

WD Security™ソフトウェアの設定方法

①My Passportのドライブ内に搭載されている「WDSecuritySetup.exe」を実行します。

②自分専用のパスワードを設定します。

③設定完了。

My Passportは単なる外付けポータブルHDDではなく、標準搭載されたソフトウェアにより、バックアップ機能やセキュリティ機能も兼ね備えたHDDです。

大量のデータを安全で手軽に持ち歩きたい私にとっては、「My Passport」は手放せないものとなりました。みなさんにも、ぜひオススメしたい商品です。

◎関連リンク
WD社ポータブルストレージ「My Passport(2016年発売モデル)」(商品ページ)
WD社(外付けHDD/ポータブルHDD/パーソナルクラウドストレージ)

このページのトップへ
PC版を表示