【MU-MIMO対応】買い換えるならこれ!デュアルコアCPU搭載360コネクト1733Mbps(規格値)対応無線LAN(Wi-Fi)ルーターWN-AX2033GR

無線LANルーターWN-AX2033GR

(写真)360(さんろくまる)コネクト搭載1733Mbps(規格値)対応無線LANルーターWN-AX2033GR

現在利用されているご自宅の無線LAN(Wi-Fi)ルーターはいつ購入しましたか。

数年前からずっと同じものを使っている方もいらっしゃるかと思います。一方、「動画サービスの利用」や「家族みんなで同時にインターネット接続」など無線LANの利用が増えているご家庭も多いことでしょう。

家族同時にインターネット接続

(写真)家族同時にインターネット接続(イメージ)

家庭内の無線LAN利用の環境変化により「インターネット接続が遅い」「つながりにくい」と感じているなら無線LANルーターの買い換えをお勧めします。まずは、スマートフォンやパソコンなどIEEE802.11ac(以下11ac)対応の機種端末も増えており、高画質動画の鑑賞やゲーム、アプリのダウンロードなどの快適利用のために無線LANルーターも11ac対応にするのは得策です。

11acと11nの最大転送比較

(写真)11acと11nの最大転送比較(WN-AX2033GR)

さらに、今の不満を解消するのはもちろんのこと、後先も後悔しない数年先を見据えて無線LANルーターをご購入するなら、今回ご紹介するWN-AX2033GRをお勧めします。

WN-AX2033GRのパッケージ

(写真)WN-AX2033GRのパッケージ

WN-AX2033GR 縦置き

(写真)WN-AX2033GR 縦置き

WN-AX2033GR 横置き

(写真)WN-AX2033GR 横置き

WN-AX2033GR ロゴ

(写真)WN-AX2033GR ロゴ

WN-AX2033GRはIEEE802.11ac(5GHz帯)最大1733Mbps(規格値)の高速通信可能(+11nで300Mbps同時利用可能)はもちろんのこと

・「360(さんろくまる)コネクト」搭載
・通信機器同時アクセスでも安定通信を実現するMU-MIMO対応(※1)
・対応通信機器を限定しないで狙いうちできる「ビームフォーミングW」(※2)

(※1)5GHz帯のみ。子機もMU-MIMO対応
(※2)5GHz帯のみ。

など、家庭内での無線LAN利用を想定し、「高速通信」「つながりやすさ」を実現するために最新技術、機能が搭載されたアイオーの無線LANルーターの最上位機種です。(2016年12月現在)

「360(さんろくまる)コネクト」搭載

「360(さんろくまる)コネクト」はI-O DATAが、上下・左右・奥行き全方向360度に電波の死角をつくらないように開発した新技術です。以前の開発秘話で企画と開発スタッフでも話があったように、「360コネクト」はオリジナルF型アンテナの製作、配置、熱対策も考慮した基板設計はお客様が求める「つながりやすさ」を追求し続けた結果です。

コネクトの開発秘話を語った企画・開発スタッフ

(写真)前回の取材で360(さんろくまる)コネクトの開発秘話を語った企画・開発スタッフ

(参考)360(さんろくまる)コネクトの開発秘話

「360コネクト」はWN-AX1167GR(867Mbps規格値)にも採用されていますが、WN-AX2033GRではMU-MIMO対応、1733Mbps(規格値)の実現のため、5GHz帯ストリーム数は4×4に増え、その位置や基板設計変更などの工夫を凝らし、進化を遂げています。

1733Mbps(規格値)の高速通信可能

(写真)1733Mbps(規格値)の高速通信可能

従来モデルWN-AX1167GR は、11acにおいて2×2ストリームの867Mbps(規格値)です。今回ご紹介しているWN-AX2033GRでは同一空間中に4つの通信(4ストリーム)を同時に実行(4×4)することで、最大1733Mbps(規格値)を実現しています。この実現により従来に比べて、1台利用時は言うまでもなく、複数台でも同時速度の向上が可能となっています。

項目 WN-AX2033GR WN-AX1167GR WN-AC1600DGR3 WN-AC1167GR
商品写真 WN-AX2033GR WN-AX1167GR WN-AC1600DGR3 WN-AC1167GR
5GHz帯(11ac)対応
5GHz帯最大通信速度 1733Mbps 867Mbps 1300Mbps 867Mbps
ストリーム 4×4 2×2 3×3 2×2
360コネクト × ×
MU-MIMO ×(SU-MIMO) ×(SU-MIMO) ×(SU-MIMO)
ビームフォーミング方式 ビームフォーミングW ビームフォーミング × ×

(表)当社無線LANルーター比較

WN-AX1167GR(従来品)とWN-AX2033GR

(写真左)WN-AX1167GR(従来品)と(右)WN-AX2033GR

また、WN-AX2033GRはデュアルコアCPU搭載で高負荷処理もスムーズ。全ポートギガビット有線LAN搭載でインターネットポートもLANポートも双方ギガビットに対応していますので、光回線での利用にも十分な性能を発揮します。

インターネットポートもLANポートもギガ対応

(写真)インターネットポート(白枠)もLANポート(赤枠)もギガ対応

通信機器同時アクセスでも安定通信を実現するMU-MIMO対応

MIMO(マルチインプット・マルチアウトプット「マイモ」)とは無線通信において、送信機(無線LANルーターなどの親機)と受信機(スマホ、タブレット、PCなどの通信端末機器・子機)の双方で複数のアンテナを使い、データ送受信の帯域を広げ、通信品質を向上させる技術を指します。

従来は、SU-MIMO(シングルユーザー・マイモ)でスマホやPCのような通信端末(子機)が同時通信利用とした際に無線LANルーター(親機)と1台ずつ順番に時間を置いて接続されていたため、速度を低下させていました。

従来品の場合

(図)従来品の場合

MU-MIMO(マルチユーザー・マイモ)では、複数の端末に同時に電波を出せるので、通信速度を落とさず、安定した通信が可能となります。(5GHz帯の通信時のみ有効)

最大4台の端末に同時通信

(図)WN-AX2033GRの場合 最大4台(子機が1ストリームの場合)の端末に同時通信

MU-MIMO利用の場合、無線LANルーターだけではなく、通信端末(子機)もMU-MIMOに対応していないといけません。現状、対応通信端末は少ないですが、今後PCもスマートフォンもMU-MIMO対応が増えて来ることが予測されます。そう考えれば、今、対応機器が少なくこの機能が100%発揮できないとしても、少し先を見通したならWN-AX2033GRはお勧めです。無線LANルーターは数年に1回しか購入しないと考えたなら、今後の子機の進化を見据えて購入しておくことをお勧めします。

対応通信機器を限定しないで狙いうちできる「ビームフォーミングW」を搭載

WN-AX2033GRは、受信端末の位置で電波が重なり合うように調整することで、安定した通信品質とノイズなどによる速度低下を防ぐ「ビームフォーミング」技術に対応しています。

ビームフォーミング

(図)ビームフォーミング

従来のビームフォーミングでは受け側(子機側)もビームフォーミングに対応していなければ有効にできませんでした。(参考 ビームフォーミング対応端末)

WN-AX2033GRに搭載の新技術「ビームフォーミングW」では子機がビームフォーミングに対応していない場合も、安定した通信を実現できるようになりました。※ビームフォーミングは5GHz帯での通信時のみ有効です。

様々なWi-Fi端末

(写真)様々なWi-Fi端末(子機) 本商品ではビーミフォーミングに対応していない端末も安定した通信を実現

Wi-Fiミレルで自宅の電波状況を測定してみよう!

前回のI-O DATA MAGAZINEでも紹介し好評だった無料アプリ「Wi-Fiミレル」。「電波が弱いなあ」「繋がりにくくなったなあ」など家庭内のWi-Fi環境に不満を感じたら、まずはこのWi-Fiミレルを使ってみてください。Wi-Fiミレルは、電波強度をリアルタイムに数値表示できます(iOS/Android共通)。またAndroid限定機能として、周囲のWi-Fi電波の無線チャネルをグラフ表示することができます。Wi-Fiミレルは現在の無線LAN環境の問題点を可視化できるので、改善に向けて役立てることができると思います。無線LANルーターの買い替えを考えている方もそうでない方も是非、参考にしてみてください。(ご参照)I-ODATA MAGAZINE「Wi-Fiミレル」

様々なWi-Fi端末

(写真左)Wi-Fiの電波強度をリアルタイムに数値表示(iOS/Android共通)
(写真右)Wi-Fi電波の無線チャンネルをグラフ表示(Android版限定)

ヒートマップ(Android版)

(写真)ヒートマップ ※画面はAndroid版

「Wi-Fiミレル」のアイコン
Google Play App Store
対応OS:Android 4.4~7、iOS 9.3.3~10

(アイコン)「Wi-Fiミレル」アプリ iPhone・iPad・iPod touchは「App Store」より、
Androidスマホ・タブレットは「Google Play」より無償ダウンロードできます。

WN-AX2033GRのそのほかの特長として、最上位機種でありながら設定は簡単なことです。新規の設定であれば、スマートフォンはQRコードを使って設定できますし、「Wi-Fi設定コピー機能」は無線LANルーターのWPSボタンを使えば現在の無線LANルーターの情報を丸ごとコピーできるので(本商品は2.4GHz、5GHz帯両方の設定をコピー可能)、スマホやPCなど各端末(子機)の設定を変えず、そのまま利用することができます。

WPSボタン

(写真)WPSボタン

電波が弱い場所でデータ通信ができないのに無線LAN(Wi-Fi)接続されたままになるのを防ぐ弱電波子機の強制切断など使い方に配慮した機能や、ワンクリック・フィッシング詐欺をブロックする「ネットフィルタリング(5年間無料)」(バージョンアップにて対応予定)など利用目的に応じて設定することができます。

無線LANルーターの買い替えに、また新規のご購入にWN-AX2033GRを是非、ご検討ください。

◎関連リンク
360コネクト搭載1733Mbps(規格値)対応無線LANルーター「WN-AX2033GR」(商品ページ)
360コネクト搭載1733Mbps(規格値)対応無線LANルーター「WN-AX2033GR」(購入ページ)

このページのトップへ
PC版を表示